HOME>クチコミ>シロアリ予防を定期的にやっている人とやっていない人の差

シロアリ予防を定期的にやっている人とやっていない人の差

しろあり

建物を弱らせるシロアリの被害は深刻です。特に、中古物件に住んでいる人は既にシロアリの被害に遭っている可能性があるので注意しましょう。専門業者に依頼すれば、発生前にシロアリ予防対策を取ることができます。

レビュー

家は高い買い物なので長年住み続けるためにも予防【30代/男性】

マイホームを購入する事を目標に頑張ってお金を貯めた事で、中古物件なら無理なく購入する事ができるようになり、三十代の私でもマイホームを持てました。中古物件でも状態が良い住まいもありますし、予算に余裕があり、今の生活に合わせてキッチン設備を新しく交換する事ができました。マイホームの購入が人生の中で一番高い買い物だったため、長く安心して住み続けたい気持ちがとても強かったです。家を買ったばかりの頃は、家の見た目の良さに注目する事が多かったですが、生活を続ける中で、シロアリの予防の必要性も感じるようになりました。友人とマイホームに関する話をしていた時に、友人がシロアリ予防を定期的にしていることを知り、自分の住まいの状態が気になり、専門業者に相談をしました。

中古物件を購入してわずか3年でシロアリ被害に遭いました。【30代/男性】

中古物件は見た目が良くても、柱や床下など、見えにくい部分が傷んでいる可能性があります。シロアリの被害に合っている所は、傷みが激しく、耐震性にも影響するため、早めの駆除が必要になります。中古物件を購入して、三年でシロアリの被害に合っている事を知り、とても驚きましたが、専門業者に相談をした事で、すぐに駆除を進めてもらえ、安心できました。シロアリ予防を定期的に行っている家と行っていない家とでは、将来大きな差が出てくるを実感しました。今では定期的に住まいの状態をチェックして、業者と相談しながら、シロアリ予防を行っています。老後も安心して暮らせる家を維持できるように、害虫被害のリスクに備える事も大切です。

カテゴリ一覧